2021年5月21日金曜日

 2021年度 東海大学史学会総会・大会 開催のお知らせ

2021年度 東海大学史学会総会・大会

日時:2021年6月19日(土)

12:30~17:30

オンライン開催(Zoom)

開会の辞

第1部 総 会 12:30~13:10(会員限定)

 URL:参加希望者へ配付

第2部 研究発表 13:10~15:15(以降、参加自由・無料 要事前登録

・13:10~13:40

 田中那樹氏(本学文学研究科史学専攻博士課程前期)

 原敬内閣のシベリア撤兵をめぐる内政と外交―「ボルシェヴィズム」への対応を中心に―

 URL:参加希望者へ配付

・13:45~14:15

 李暁闖氏(本学大学院文学研究科博士課程前期)

 「満州国」における中国人の反満抗日教育活動

 URL:参加希望者へ配付

・14:15~14:45

 平野智洋氏(本学非常勤講師)

 後期ビザンツ帝国に於ける「皇族」: ヤガリス家の出自と政治的地位

・14:45~15:15

  白川美冬氏(本学大学院文学研究科博士課程前期)

  景観史からみた前方後方墳の政治性―東北・関東地方を対象に―

  URL:参加希望者へ配付


第3部 公開講演(15:30~17:30)

 中山誠二氏

(帝京大学文化財研究所客員教授・南アルプス市ふるさと文化伝承館館長)

 シルクロードの交易都市アク・ベシム遺跡を掘る

 URL:参加希望者へ配付


閉会の辞


*研究報告の時間を修正いたしました(6月2日)。参加をご希望の方は、6月14日(月)までに、下記のフォーム(URLまたはQRコード)から登録をお願いいたします(総会は会員限定)。後日、参加用URLを送付させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 https://forms.gle/WTQVX5Q9TJ7sqLfS6 




お問い合わせ:history(at)tsc.u-tokai.ac.jp


2021年4月22日木曜日

『東海史学』第55号

55

巻頭言

新型コロナウイルス元年の東海大学史学会     ……………………………松本 建速 1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

論文

16世紀ロンドンにおける法律顧問官  ……………………………………菅原 未宇 3

翻訳・註釈・解説

ミハイル・パナレトス『トラペズスの諸皇帝について』(1)―第1-37……平野 智洋25

史料紹介

大谷探検隊員と関係者の絵葉書数十点   ………………………………片山 章雄 43

書評

加藤哲平著『ヒエロニュムスの聖書翻訳』教文館2018  …………………大谷 哲 49

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

追悼文

石丸煕先生を悼む                          …………山本 和重 53

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

彙報 …………………………………………………………… 55

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

東海大学史学会

20213


TOKAI SHIGAKU

(The Historical Study of TOKAI University)

No. 55, March 2021

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

CONTENTS

Foreword:

The Historical Association of Tokai University in the First Year of New Coronavirus

                                                ……… MATSUMOTO Takehaya  1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Article:

The Recorder of London in the Sixteenth Century ……… SUGAHARA Miu  3

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Translation and commentary:

Michail Panaretos, On the Emperors of Trebizond:

a Japanese translation with commentary (1),Chapter 1-37.  …….. HIRANO Tomohiro  25

Historical sources:

Several dozen postcards of Otani Expedition members and related person…………… KATAYAMA Akio  43

Book Review:

Teppei Kato, Jerome's Bible translation (Kyobunkwan, 2018)    …OTANI Sstoshi 49

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

In Memorial Prof Emer. ISHIMARU Hiroshi……YAMAMOTO Kazushige 53

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Miscellanea                                            ……………………. 55

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Edited and Published by

TOKAI-DAIGAKU SHIGAKUKAI

(The Historical Association of Tokai University)

Faculty of Letters, Tokai University 4-1-1 Kitakaname,

Hiratsuka-shi Kanagawa, Japan 259-1292

2021年4月16日金曜日

2020年度 東海大学史学会賞

 日本史専攻】

本田隼斗( Hayato HONDA  )

壬生吉志による二つの貢献行為について

Two Cases of Contributions by Mibunokishi Clan


【東洋史専攻】

今野有登(Yuto IMANO )

「玄奘三蔵の長安出発年次の検討」

A Consideration of Xuanzang’s Chang’an departure year


【西洋史専攻】

中川ひかる(Hikaru NAKAGAWA

「16、17世紀のロンドン行政機関によるペスト対策」

Anti-plague measures by government agencies in sixteenth- and seventeenth-century London


【考古学専攻】

白川美冬(Mifuyu SHIRAKAWA) 

「東北・関東地方における前方後方墳と周辺環境」

Research on the relationship between square front, square back tomb mounds constructed in Tohoku and Kanto regions and surrounding landscape





2021年1月29日金曜日

2020年度 歴史学科卒業論文発表会

 文学部歴史学科・東海大学史学会 共催

2020年度 歴史学科卒業論文発表会

 

時間:202124日(木)13時から 

オンライン開催のため各専攻ごとにURLからご参加ください

 

URLは各専攻に断りなく他者に漏洩しないこと

許可なく録画・録音・写真撮影することを禁止します

質疑応答時以外、カメラオフ・マイクミュートにご協力ください

録画公開有無・期間については各専攻ごとに異なります

 

この度の参加者は東海大学文学部史歴史学科関係者と

東海大学史学会会員に限定させていただきます

上記の方で視聴をご希望の方はhistory(at)tsc.u-tokai.ac.jpまで

1)御氏名 

2)東海大学史学会員であるか、歴史学科との関係

(例:2013年西洋史専攻卒業、2017年考古学専攻講師 等)

3) 視聴希望の専攻

4) URL通知を希望するメールアドレス を22日までご連絡ください

確認が取れ次第、URLをお知らせいたします。

 

開会の言葉・日本史専攻の発表:Teams

1300分~ 開会の言葉 松本建速(会長)

1310分~ 日本史専攻の発表

本田 隼斗 「壬生吉志による二つの貢献行為について」

(指導教員:畑中彩子)

土屋 綾乃 「鹿鳴館時代における女学生の洋装と服装改革」

(指導教員:星野尚文)

 

1410分~東洋史専攻の発表:Teams  

今野有登 「玄奘三蔵の長安出発年次の検討」

(指導教員:片山 章雄)

  高佳棋 「中ソ不可侵条約締結の経緯とその歴史的成果」

(指導教員:小林 元裕)

 

1510分~ 西洋史専攻の発表:Teams 

中川ひかる  1617世紀のロンドン行政機関によるペスト対策」

(指導教員:菅原 未宇) 

江盛瑠南 「ヴォルガ・ドイツ人の歩み ―第一次世界大戦を中心に―

(指導教員:鍋谷郁太郎)

 

1610分~ 考古学専攻の発表:Teams

藪本連 「弥生環濠の役割について―静岡県・愛知県の事例より―」 

(指導教員:北條芳隆)

  小峰彩椰 「弥生時代における潟湖地形利用と交易の様相

―相模湾岸地域を対象として―」

(指導教員:北條芳隆)

  

問い合わせ:東海大学史学会 history(at)tsc.u-tokai.ac.jp

 

2020年10月26日月曜日

2020年度 東海大学史学会大会中止とオンライン総会開催のお知らせ

 東海大学史学会会員各位:

東海大学史学会会長 片山章雄


 東海大学史学会への日頃のご協力・ご尽力に感謝申し上げます。

 さて例年6月に開催をしております「東海大学史学会大会」は、新型コロナウイルスの流行にともなう東海大学湘南キャンパスの入構規制により「延期」とお知らせしておりました。現在も湘南キャンパスの入構規制は継続されており、理事・委員とも検討しました結果、誠に残念ながら大会は中止とさせていただきます。ご参加をご検討いただいていた会員みなさまにはご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。なお今年度は総会のみ下記日程にてオンラインで実施させていただきます。

2020年度東海大学史学会総会(会員限定)

日時:2020年11月19日(木) 17:30~

実施方法: Zoom によるオンライン会議

参加をご希望の会員におかれましては、「氏名」と「返信用E-mailアドレス」を明記の上、下記アドレスにご連絡ください。後日、参加用URLと総会レジメを送付させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

history@tsc.u-tokai.ac.jp

敬具

2020年10月


2020年6月15日月曜日

『東海史学』第54号


54


2019年度東海大学史学会大会 公開講演録
公共史のすすめ―書物・映像・博物館をめぐって―  剣持 久木 1 

――――――――――――――――――――――――――――――――
研究余滴
イングランド国務文書に見るロンドン大火の反響   菅原 未宇 19 

――――――――――――――――――――――――――――――――
論文
トラペズス皇女エヴドキア・コムニニとビザンツ皇帝コンスタンディノス11世の「祖父」の再婚について …………………………平野 智洋 21 

ベルリン警察の文書に見る第一次世界大戦―1914 8月~19157月― 
                 ……………鍋谷 郁太郎 35  
史料紹介
ユーラシア(ン)Eurasia(n)の語・意味と歴史研究上の使用  
                 ………………片山 章雄 67  
――――――――――――――――――――――――――――――――

彙報…………………………………………………………… 73 
    ――――――――――――――――――――――――――――――――

研究ノート
旧高田藩士族の西南戦争従軍―旧藩主原家家従の「当直日誌」から―
…………………………………………星野 尚文(1)
――――――――――――――――――――――――――――――――


TOKAI SHIGAKU
(The Historical Study of TOKAI University)


No. 54, March 2020

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
CONTENTS

The 2019 Conference of THE HISTORICAL ASSOCIATION OF TOKAI UNIVERSITY
(Open Lecture)
Welcome to the Public History: books, films and museums     ……………KENMOCHI Hisaki  1  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Memorandum
Repercussions of the Great Fire of London Observed in the State Papers
……………… SUGAWARA Miu 19   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Article
On the second marriage of the Trapezuntine Princess Evdokia Komnini to ‘the grandfather’ of the Byzantine Emperor Konstantinos XI.                                                                                                   ………….. HIRANO Tomohiro  21 
World War I in the Berlin police documents 1914.81915.7
…………… NABETANI Ikutarou 35  
Historical sources
The Word Eurasia(n) and Its Meaning in Relation to Historical Research Use
………………KATAYAMA Akio  67  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Miscellanea                                                                                    ……………………………………   73  ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Notes
Expedition for the samurai class of former Takada-Han in the Seinan war
……………HOSHINO Naofumi (1

2020年6月9日火曜日

東海大学史学会総会・大会延期及び『東海史学』第54号発送遅延のお知らせ


東海大学史学会会員各位:


東海大学史学会総会・大会延期及び『東海史学』第54号発送遅延のお知らせ

今回の新型コロナウイルスの感染拡大にともない影響を受けられていらっしゃるみなさまに、お見舞い申し上げます。
 さて例年6月に開催しております「東海大学史学会総会・大会」は、新型コロナウイルスの感染拡大と、これにともなって東海大学湘南キャンパスが入構規制を行なっている状況をふまえ、理事・委員とも検討した結果、開催を延期させていただくことになりました。
ご参加をご検討いただいていたみなさまにはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございません。新しい日程については改めて本会HPにてお知らせいたします。

また例年5月に本会会誌『東海史学』を会員のみなさまに送付させていただいておりますが、現在発送作業が遅延しております。従来、発送作業は学生委員を中心に行なっておりますが、44日より湘南キャンパスの入構が原則禁止となっているため、みなさまにご迷惑をおかけしている次第です。6月中には発送作業を完了させる予定となっております。会員のみなさまにおかれましては、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

敬具
 20206