2018年4月3日火曜日

会則


会則:
1条 (名称) 
本会は東海大学史学会と称する。

2条 (所在)  本会の事務所を東海大学文学部歴史学科研究室内に置く。
  259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 東海大学文学部歴史学科 内

3条 (目的)  本会は東海大学における歴史学研究の発展および会員相互の連絡・親睦をはかることを目的とする。

4条 (事業)  本会は前条の目的を果たすために、次の事業を行なう。
 1.会誌『東海史学』の発行。
 2.大会・例会および学術講演会の開催。
 3.学外の学会・研究機関との連絡・交流。
 4.その他必要と認められる事業。

5条 (会員)  本会は東海大学文学部歴史学科の教員・学部学生、文学研究科史学専攻の教員・大学院生、および本会の趣旨に賛同する者を以って会員とする。会員を分けて正会員と学生会員(学部学生)、および名誉会員とする。
 1.会員は所定の会費を納入する。
 2.会員は本会の諸活動に参加することができる。また、会誌の頒布を受ける。
 3.会員は会誌に投稿することができる。ただし、その採否については会誌の編集委員が権限 を有する。
 4.名誉会員については、別途細則を設ける。

6条 (役員)  本会は以下の役員を置く。
 1.理事4名。理事は正会員から互選し、理事会を構成して、本会の運営に責任を有する。
  理事会は理事長を、文学部歴史学科ないしは文学研究科史学専攻の専任教員である理事から選出する。
  理事長は理事会を統括し、かつ、会長として会を代表する。
 2.委員若干名。委員は理事会が正会員から指名する。委員は委員会を構成して編集・会計・庶務を分担する。
 3.学生委員若干名。学生委員は会員である学部学生・大学院生より選出し、委員会の委嘱をうけて、会務の執行に協力する。
 4.監査2名。監査は理事会の委嘱をうけ会計を監査する。

7条 (任期)    会長(理事長)および各役員の任期は2年とする。ただし、重任をさまたげない。
8条 (総会)    総会は毎年度大会の際に開催し、必要事項の報告および議決を行なう。

9条 (会計)  本会の運営は会費および寄付金による。
 1.会費は年額3000円とする。ただし、学生会員は1000円とする。
 2本会の会計年度は毎年41日より翌年331日までとする。

10条 (会則の変更)   本会の会則の変更は総会の決定を経るものとする。

11条 (災害等に伴う被災会員の会費に関する細則)
 災害等において会員が被災した場合は、本人の申告の有無を問わず、理事会ならびに委員会において協議の上必要性の有無を判断し、会費の減免措置を取るものとする。

 昭和41年制定
 昭和561121日改訂
 昭和601122日改訂
 昭和631114日改訂・実施
2005625日改訂・実施
 2011618日改訂・実施
 2015620日改訂・実施
2017624日改訂・実施

0 件のコメント:

コメントを投稿