2014年4月1日火曜日

『東海史学』投稿規定

【投稿資格・規定】
  1. 会員の方は、どなたでもご投稿いただけます。
  2. ご投稿いただける原稿は次のとおりです。
    • 論文 200字詰原稿用紙100~140枚(本文・注・資料等全てを含む)
    • 研究ノート 同60~80枚
    • 資料紹介・活動報告等 同15~20枚 この規定にあてはまらない原稿については、編集委員にご相談ください。
  3. パソコン・ワープロで原稿を作成する場合、次の点にご注意ください。
    • 横書きは42字×38行、縦書きは30字×25行に書式設定してください。
    • データ(テキスト・ファイル)を保存した記録媒体(USBメモリ・CD-R)とプリント・アウトした原稿をご提出ください。
    • 外字や特殊な記号を使用した場合は、プリント・アウトした原稿にすべて赤字でご指示ください。
    • 図・写真等については、版面13.5×20.5(見出し含む)を考慮して作成し、縮小率及び挿入箇所をご指示ください。                 
  4. ご投稿いただいた原稿の採否は、複数の研究者による査読のうえ編集会議で決定いたします。審査結果については、受理から1ヶ月以内にお知らせいたします。
  5. 抜刷は本会から50部進呈いたします。それ以上の部数をご希望の場合は、実費をご負担いただきます。
  6. 『東海史学』に掲載された論文等の著作権は、東海大学史学会に帰属します。論文等を転載する際は、東海大学史学会の許可を必要としますのでご了承ください。
  7. 論文に使用する図・写真等については、執筆者において著作権所有者の許諾を得た上でご寄稿いただくようお願いいたします。
  ※ 各年の投稿のエントリー締切は9月末日、投稿締切は10月末日となります。

0 件のコメント:

コメントを投稿