2022年5月28日土曜日

2022年度 東海大学史学会総会・大会

日時:20年6月25日(土)
12:30~17:30(受付12:00~)
会場:東海大学湘南校舎 14号館1階 14‐103教室
ハイブリッド開催
!ご注意!学外参加希望者へは事前予約制オンライン配信

開会の辞

第1部 総 会 12:30~13:10(会員限定)

第2部 研究発表 13:10~15:15(以降、参加自由・無料 事前予約不要)
・三田武繁氏(本学文学部歴史学科日本史専攻)
 後三年合戦と『後三年合戦絵巻』について
・李暁闖氏(本学大学院文学研究科博士課程前期2年)
 国民政府瀋陽裁判研究(仮)
・白川美冬氏(本学大学院文学研究科博士課程前期2年)
 埋葬施設に反映された信仰観
―朝日遺跡を中心に―
・津澤真代氏(本学非常勤講師)
 都市学校と市民教育:15世紀トスカーナにおける「大学」の創設関東地方縄文前期初頭の住居址について

第3部 公開講演(15:30~17:30)
 大串潤児氏(信州大学人文学部教授)
 戦時戦後の大衆文化 紙芝居と演芸会―地域での担い手、民衆の欲望―

閉会の辞

*学外から参加ご希望の方はオンライン限定となります。6月16日(木)までに、下記問い合わせ用メールアドレスまで、お名前・メールアドレス・視聴希望のプログラムをお知らせください。(総会は会員限定となります。ご参加予定の方は会員であることをお知らせください)。大会前日までにZoomリンクをメール送信いたします。もし不着の場合、迷惑メールフォルダなどをご確認の上、下記問い合わせ宛にご連絡ください。ご自分以外の方に Zoomリンク等を流出させないようご注意ください。 お問い合わせ:history@tsc.u-tokai.ac.jp

 

『東海史学』第56号

56

2021年度東海大学史学会大会 公開講演録

シルクロードの交易都市アク・ベシム遺跡を掘る     ……………………………中山 誠二 1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

論文

景観史的観点からみた前方後方墳―発祥地と波及先を対象に…………………白川 美冬 19

後期ビザンツ帝国に於ける「皇族」:ヤガリス家の事例―系譜・政治的地位・活動―

                           …………………平野 智洋 37

研究ノート

青森県六ケ所村金堀遺跡出土縄文土器の施文原体の復元………………………孟 晗陽  55

ローマ皇帝デキウスによる供犠執行命令布告の意図と「キリスト教徒迫害」

―供犠執行証明書パピルス史料の分析を中心に―………………………………大谷 哲  61


史料紹介

第三次大谷探検隊員橘瑞超と助手ホッブズの報道数点…………………………片山 章雄 81


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

彙報 …………………………………………………………… 87

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

論文

周必大の生平と疾病………………………………………………………………小林 義廣 (1)

―――

東海大学史学会

20223


TOKAI SHIGAKU

(The Historical Study of TOKAI University)

No. 55, March 2021

――――――――――――――――――――――――――――――――――――  ―――――――

CONTENTS

The 2021 Conference of THE HISTORICAL ASSOCIATION OG TOKAI UNIVERSITY (Open Lecture)

Archaeological investigation of the Ak- Beshim site, 

the mediaeval trading city of the Silk Road

                                                ……… NAKAYAMA  Seiji  1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Article:

A Reseach on the environmental setting of the "Zenpo-Kohofun" - Through the comparison between the origin area and the spread area -

                                              ……… SHIRAKAWA Mifuyu  19

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


Note:

Reconstruction of the Jomon cords of jomon pottery from Kanahorizawa site in Rokkasho in Aomori Prefecture

                                          ……… Meng Hanyang  55

Thw purpose of the Decian edict and his "Christian Persecution": an investigation of the Libelli of sacrifices

                                           ……… OHTANI Satoshi  61


Historical sources:

Some newspaper articles on A. O. Hobbs, an Assistant of the Third Otani Expedition member Tachibana Zuicho

                                     …………… KATAYAMA Akio  81

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Article: 

Zhou Bida's Life and His Sickbess

                                      ……………………KOBAYASHI Yoshihiro  (1)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Edited and Published by

TOKAI-DAIGAKU SHIGAKUKAI

(The Historical Association of Tokai University)

Faculty of Letters, Tokai University 4-1-1 Kitakaname,

Hiratsuka-shi Kanagawa, Japan 259-1292

 

2021年度 東海大学史学会賞

 日本史専攻】

高田 瑞季TAKADA Mizuki)

村上朝における内裏歌合

Uta-awase in the imperial palace under the reign of Emperor Murakami


【西洋史専攻】

田所 美月TADOKORO Mitsuki

ナチズムと身体障害者

Physically handicapped people under Nazism


【考古学専攻】

松隈 昂明MATSUKUMA Koumei) 

弥生時代後期における環濠の機能―北部九州を対象として―

The Function of Encircling Moats in the Late Yayoi Period -in the cases of Northern Kyushu

2022年1月31日月曜日

2021年度 歴史学科卒業論文発表会

 

文学部歴史学科・東海大学史学会 共催

2021年度 歴史学科卒業論文発表会

 

時間:202224日(金)1325分から 

オンライン開催のため各専攻ごとにURLからご参加ください

URLは各専攻に断りなく他者に漏洩しないこと

許可なく録画・録音・写真撮影することを禁止します

質疑応答時以外、カメラオフ・マイクミュートにご協力ください

録画公開有無・期間については各専攻ごとに異なります


この度の参加者は東海大学文学部史歴史学科関係者と

東海大学史学会会員に限定させていただきます

上記の方で視聴をご希望の方はhistory(at)tsc.u-tokai.ac.jpまで

1)御氏名 

2)東海大学史学会員であるか、歴史学科との関係

(例:2013年西洋史専攻卒業、2017年考古学専攻講師 等)

3) 視聴希望の専攻

4) URL通知を希望するメールアドレス を22日までご連絡ください

確認が取れ次第、URLをお知らせいたします。

プログラム
開会の言葉・日本史専攻の発表

13時25分~ 開会の言葉 松本建速(会長)
13時30分~ 日本史専攻の発表

橋本 萌実  「室町時代の准母・女院」
(指導教員:三田武繁)

井上 友翔  「黒田騒動の再検討
―家老黒田一成・東蓮寺藩主黒田高政を中心に―」
      (指導教員:兼平賢治)

14時45分~ 西洋史専攻の発表

大橋 佑  「古代ギリシア、アテナイの
都市のディオニュシア祭がポリス社会に果たした役割は何か」
(指導教員:大谷 哲)
田所美月 「ナチズムと身体障害者」
(指導教員:鍋谷郁太郎)

16時10分~ 考古学専攻の発表

堀川亮太朗 「土偶からみた遺跡間様相差の検討
―千葉県域の縄文時代後晩期遺跡を対象に―」 
(指導教員:秋田かな子)

松隈 昂明 「弥生時代後期における環濠の機能
―北部九州を対象として―」
(指導教員:宮原 俊一)

17:15~ 歴史学科退職教員のご挨拶
片山章雄先生・鍋谷郁太郎先生 各5分程度

問い合わせ:各専攻・発表者指導教員まで
 
問い合わせ:東海大学史学会 history(at)tsc.u-tokai.ac.jp



 

2021年11月23日火曜日

役員構成(2020年度 2021年度)

 2021年度

会長 松本建速 

理事(日本史) 星野尚文

  (東洋史) 小林元裕

  (西洋史) 鍋谷郁太郎

  (考古学) 松本建速

庶務委員 大谷哲 菅原未宇

編集委員 秋田かな子 兼平賢治

会計委員 宮原俊一 畑中彩子

会計監査 馬場弘臣 田尾誠敏


学生委員

(院生)田中那樹 李暁闖

(学部生) 小玉春奈 川村悠人 遠藤比奈 城定結 長沼みのり


2021年5月21日金曜日

 2021年度 東海大学史学会総会・大会 開催のお知らせ

2021年度 東海大学史学会総会・大会

日時:2021年6月19日(土)

12:30~17:30

オンライン開催(Zoom)

開会の辞

第1部 総 会 12:30~13:10(会員限定)

 URL:参加希望者へ配付

第2部 研究発表 13:10~15:15(以降、参加自由・無料 要事前登録

・13:10~13:40

 田中那樹氏(本学文学研究科史学専攻博士課程前期)

 原敬内閣のシベリア撤兵をめぐる内政と外交―「ボルシェヴィズム」への対応を中心に―

 URL:参加希望者へ配付

・13:45~14:15

 李暁闖氏(本学大学院文学研究科博士課程前期)

 「満州国」における中国人の反満抗日教育活動

 URL:参加希望者へ配付

・14:15~14:45

 平野智洋氏(本学非常勤講師)

 後期ビザンツ帝国に於ける「皇族」: ヤガリス家の出自と政治的地位

・14:45~15:15

  白川美冬氏(本学大学院文学研究科博士課程前期)

  景観史からみた前方後方墳の政治性―東北・関東地方を対象に―

  URL:参加希望者へ配付


第3部 公開講演(15:30~17:30)

 中山誠二氏

(帝京大学文化財研究所客員教授・南アルプス市ふるさと文化伝承館館長)

 シルクロードの交易都市アク・ベシム遺跡を掘る

 URL:参加希望者へ配付


閉会の辞


*研究報告の時間を修正いたしました(6月2日)。参加をご希望の方は、6月14日(月)までに、下記のフォーム(URLまたはQRコード)から登録をお願いいたします(総会は会員限定)。後日、参加用URLを送付させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 https://forms.gle/WTQVX5Q9TJ7sqLfS6 




お問い合わせ:history(at)tsc.u-tokai.ac.jp


2021年4月22日木曜日

『東海史学』第55号

55

巻頭言

新型コロナウイルス元年の東海大学史学会     ……………………………松本 建速 1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

論文

16世紀ロンドンにおける法律顧問官  ……………………………………菅原 未宇 3

翻訳・註釈・解説

ミハイル・パナレトス『トラペズスの諸皇帝について』(1)―第1-37……平野 智洋25

史料紹介

大谷探検隊員と関係者の絵葉書数十点   ………………………………片山 章雄 43

書評

加藤哲平著『ヒエロニュムスの聖書翻訳』教文館2018  …………………大谷 哲 49

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

追悼文

石丸煕先生を悼む                          …………山本 和重 53

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

彙報 …………………………………………………………… 55

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

東海大学史学会

20213


TOKAI SHIGAKU

(The Historical Study of TOKAI University)

No. 55, March 2021

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

CONTENTS

Foreword:

The Historical Association of Tokai University in the First Year of New Coronavirus

                                                ……… MATSUMOTO Takehaya  1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Article:

The Recorder of London in the Sixteenth Century ……… SUGAHARA Miu  3

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Translation and commentary:

Michail Panaretos, On the Emperors of Trebizond:

a Japanese translation with commentary (1),Chapter 1-37.  …….. HIRANO Tomohiro  25

Historical sources:

Several dozen postcards of Otani Expedition members and related person…………… KATAYAMA Akio  43

Book Review:

Teppei Kato, Jerome's Bible translation (Kyobunkwan, 2018)    …OTANI Sstoshi 49

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

In Memorial Prof Emer. ISHIMARU Hiroshi……YAMAMOTO Kazushige 53

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Miscellanea                                            ……………………. 55

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Edited and Published by

TOKAI-DAIGAKU SHIGAKUKAI

(The Historical Association of Tokai University)

Faculty of Letters, Tokai University 4-1-1 Kitakaname,

Hiratsuka-shi Kanagawa, Japan 259-1292