2024年6月24日月曜日

役員構成(2024年度)

 2024年度

会長 松本建速 

理事(日本史) 星野尚文

  (東洋史) 小林元裕

  (西洋史) 三佐川亮宏

  (考古学) 松本建速

庶務委員 大谷哲 菅原未宇

編集委員 有村誠 白川美冬

会計委員 宮原俊一 畑中彩子

会計監査 馬場弘臣 田尾誠敏


学生委員

(院生)重村つき 池田篤史 矢野暖弥

(学部生) 振原菜摘 内海沙乃湖 菅谷光太郎


2024年5月25日土曜日

2024年度東海大学史学会総会・大会

2024年度 東海大学史学会総会・大会

日時:2024年6月22日(土)
13:00~17:30(受付12:30~)
会場:東海大学湘南校舎 14号館1階 14‐103教室
*対面のみの開催

開会の辞

第1部 総 会 13:00~13:40(会員限定)

第2部 研究発表 13:40~15:20(以降、参加自由・無料 事前予約不要)
・前田公平氏(東海大学大学院文学研究科博士課程前期2年)
 文化3・4年の魯寇事件における異国船対応
-箱館奉行の対応を中心に-
・若林芽依氏(千葉大学大学院人文公共学府博士前期課程2年)
19世紀前半スコットランド新設「パブリック・スクール」の考察
-エディンバラ・アカデミー生の社会的出自から-
・鈴木晃太朗氏(東海大学大学院文学研究科博士課程前期2年)
 律令体制圏外に分布した城館跡に関する一考察  
-北東北特有のいわゆる防御性集落の踏査を踏まえて-

第3部 公開講演(15:30~17:30)
 三宅裕氏(筑波大学人文社会系教授)
「新石器革命」論の彼方へ
―西アジア先史時代における社会・経済・イデオロギー―

閉会の辞

*今年度は諸事情につき、大会終了後の懇親会は開催いたしません。
ご理解賜りますようお願い申し上げます。
お問い合わせ:history@tokai.ac.jp

2024年1月30日火曜日

2023年度 歴史学科卒業論文発表会



 文学部歴史学科・東海大学史学会 共催 
 2023年度 歴史学科卒業論文発表会 

 日時:2024年2月6日(火)13時00分から
湘南校舎11号館103号室

 *会場の都合上、参加は学内関係者限定といたします。
 問い合わせ:history@tsc.u-tokai.ac.jp (東海大学史学会)

 プログラム 

 13時00分~ 開会の言葉 松本建速(会長)

 13時05分~14時05分 日本史専攻の発表 

 小野 翔子  「後白河法皇と平清盛の関係」 
(指導教員:三田武繁) 

 橋本 光司 「寛政の改革以降における儒学思想の伝播について 
       ー小町玉川『自修篇』を事例にー」 
(指導教員:兼平賢治)

 14時20分~15時20分 西洋史専攻の発表 

 村上 花音 「「政治の野蛮化」に退役軍人は関与したのか
        -1920年代ドイツの政治と暴力の作用についての考察-」 
(指導教員:鍋谷郁太郎)
 
 池田 篤史 「第二次世界大戦後におけるモンゴル人民共和国とソ連の関係
        -ブレジネフ期を中心に-」 

(指導教員:川﨑亜紀子) 
 15時35分~16時35分 考古学専攻の発表 

 苟 云帆  国分寺伽藍配置の性格 -東山道・東海道諸国を中心に-」  
(指導教員:松本建速)

 和田 健太朗 「伊勢原と平塚の三猿庚申塔 -三猿像の形態に注目して-」 
(指導教員:松本建速) 

 16時35分~ 閉会の言葉 松本建速(会長)