2014年3月31日月曜日

「東海大学史学会」は東海大学文学部歴史学科四専攻の教員、学生、および本会の趣旨に賛同する者で組織されています。
活動内容として、会誌『東海史学』を発行し会員に配布するとともに、学外諸機関と書誌の交換交流を行っています。
一般に公開している事業として年1回大会を開催し、講演会・シンポジウムなどを行うほか、会員の研究発表の場としてほぼ月1回の例会を開いています。また優秀な卒業論文の発表会を行い、さらに総合的に優秀な学生に対して毎年卒業時に東海大学史学会賞を授与しています。これらの諸活動は学生諸君の勉強を深めることを目的としています。歴史学科の学生は全員が会員になることになっていますので、入会し諸活動に参加して下さい。